カートを見る

形で選ぶ
ブレスレット
バングル
ペンダントトップ
リング
ピアス
ストラップ
お数珠
サンキャッチャー
原石
丸玉
勾玉
磨き石
ルース
彫刻品
シルバー
運勢で選ぶ
金運
仕事運
恋愛運
人間関係
健康運
癒し
学業運
家庭運
魔除け
種類で選ぶ







    携帯版 QRコード
      本館
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら

パワーストーンの浄化方法

★パワーストーン・天然石の浄化とは
地球から授かった様々な天然石にはどれも素晴らしいパワーを持っています。
その石達を身に付けたり、飾ったりする事によって私達はその素晴らしい力にいつも助けられています。
私達を幸せにしてくれるために、石達はいつも働いてくれているのです。
そうやって働いていると、私達人間と同じように石達も疲れてきます。
石の中に疲れがたまってくると、石の力が弱まってきます。
また、石達は私達を守るためにマイナスエネルギーやストレスなどの負のエネルギーを吸い取ってくれます。
そうして、石の中に疲れや負のエネルギーなどが蓄積されていくのです。
疲れてしまった石はその力が弱くなってしまい、さらには輝きまでもが失われてしまいます。
そこで、石達を元気にしてあげる目的で行うのが「浄化」です。
人間も疲れたときにお風呂に入ったり、リフレッシュに自然と触れ合ったりしますよね♪
石達も働いてばかりでは可哀想です。
ときには疲れを癒し、リフレッシュさせてあげましょう♪
そして石本来の力を取り戻して、また元気に働いてもらって、私達の幸せへのサポートをしてもらいましょう♪
石を大切にして、石と仲良くなる事が石の力を引き出す秘訣ですよ♪

★浄化方法について
さて、いきなり「浄化してね♪」と言われてもどうやったらいいのか分からない方がほとんどだと思います。
天然石の浄化方法には沢山の種類がありますので、ご自分のお持ちの石にあった浄化方法を選んでいってください。

天然石の浄化方法には
■香り
■天然塩
■水晶
■水
■土
■太陽光
■月光
などがあります。

浄化は毎日出来ればベストですが、1週間に1度はしてあげるようにしましょう。

★香りによる浄化
どのような石にも使える浄化法です


ホワイトセージやお香などの煙に石を数回くぐらせて行う浄化法です。
天然のハーブや白檀、アロマオイルなどでも効果があります。
アロマオイルやお香などは出来る限り純度の高いもの(科学香料を使用していないもの)を使ってください。

 ※注意点
 火を用いるものが多いので、取り扱いには十分ご注意ください。
 長時間煙に当て続けると、煙の中の成分(ヤニ)が石に付いて石が曇る場合があります。
 白い石や多孔質の石などは特にご注意下さい。
 熱に弱い石(琥珀、パール、オパールなど)は火元に近づけすぎないようにご注意ください。

★天然塩による浄化
塩に弱い石には使わないようにしてください。
琥珀、アズライト、アマゾナイト、アラゴナイト、インカローズ、エメラルド、オパール、カルサイト、サンストーン、スギライト、セラフィナイト、セレスタイト、ソーダライト、タイガーアイ、ターコイズ、チャロアイト、パイライト、フローライト、ヘマタイト、マラカイト、ムーンストーン、ラピスラズリ、ラリマー、レピドライトなど。



天然塩の中に石を埋め込んだり、上に乗せたりして行う浄化法です。
きれいなお水に塩を溶かし、その中に石を浸けておく浄化法もあります。
目安として5〜10分程度で構いませんが、石の状態によっては一晩そのままにしておきます。
取り出した石はきれいなお水で軽く流し、柔らかな布などで水気をふきとって下さい。

 ※注意点
 ジュエリーや金属の付いたアクセサリーには行わないで下さい。
 長時間塩に浸け込んでしまうと、塩が石の表面で結晶化して取れなくなります。
 お塩が可能な石にのみ行ってください。

★水晶による浄化
どのような石にも使える浄化法です




水晶のクラスターやさざれの上に石を乗せて行う浄化法です。
さざれならば浄化を、クラスターならば浄化とパワーチャージの両方を行ってくれます。
アメジストのクラスターやさざれでも浄化が出来ます。
浄化したい石をさざれやクラスターの上に置き、一晩程度そのままにして下さい。
 ※注意点
 クラスターで浄化する場合、硬度の低い石は傷が付く場合がありますのでご注意下さい。
 クラスターに置くときや取り出すときに乱暴にすると、クラスターの結晶が折れる場合がありますのでやさしく取り扱ってください。

★水による浄化
水に弱い石には使わないようにしてください
琥珀、アズライト、インカローズ、カルサイト、クリソコラ、コーラル、スギライト、セラフィナイト、セレスタイト、ターコイズ、チャロアイト、デザートローズ、パイライト、パール、フローライト、ヘマタイト、ボーナイト、マラカイト、ラピスラズリ、ラリマー、原石などの結晶化していない母岩部分など。



ミネラルウォーターや湧き水などきれいなお水で洗うように行う浄化法です。
流水で洗い流すように石を水にさらしてください。
水道水でもできますが、塩素の強いものは避けてください。
きれいなお水を流し、そこに石を2〜3分程度さらしてください。
きれいなお水を容器に貯めてそこに石を静かに数時間程度浸けておく方法もあります。
取り出した石は柔らかくきれいな布で水気を拭き取ってあげてください。
 ※注意点
 お水に弱い石や金属の付いたものには使用しないようにしてください。
 染色された石などですと、色合いが変わってしまう場合があります。

★土による浄化
水に弱い石、塩分に弱い石にはおすすめしません


きれいな土に石を埋めて行う浄化方法です。
石はもともと土から生まれたものですので、自然の環境に還してもう一度復活させる方法です。
浄化方法としては非常に強いものですが、破損した石や、自分にとって必要の無くなった石を自然に帰す場合以外にはあまりお勧めしません。
やり方としては、まずきれいな場所を探してください。
人が上を歩かず、土が健康な自然の空間がある場所が望ましいです。
ゴミ処理場や工場などから汚水が流れ込みそうな場所は避けてください
石をキレイな布などで包み込み、土の中へ埋め込んでください
そのまま数週間から数ヶ月間埋め込んで起きます。
取り出した石はきれいなお水で洗い流し、きれいな布で水気を拭きとって下さい。
 ※注意点
 土のなかの水分や塩分が染み出してきますので、水やお塩に弱い石には使用しないで下さい。
 長期間放置しますので、埋めた場所を忘れないようにしましょう。
 石を手放す場合にも同じ方法を使ってください。その際は布で包む必要はありません。

★太陽光による浄化
太陽光に弱い石には使用しないで下さい
アメジスト、琥珀、インカローズ、オパール、カーネリアン、カルサイト、シトリン、セレスタイト、ターコイズ、ムーンストーン、ラリマー、ラブラドライト、レピドライトなど



朝日や午前中の太陽光に石を当てて行う浄化法です。
非常に強いパワーチャージができますが、癒し系の石の場合には石が疲れてしまう事があります。
太陽光があたる場所に5分〜10分程度置いてください。

 ※注意点
 紫外線に弱い石を当ててしまうと色素破壊が起こり、色が薄くなってしまうことがあります。
 染色した石などは色が抜けてしまう場合があります。
 水晶の丸玉などは集光作用がありますので、火事などにならないようにご注意下さい。
午後の太陽光は空気中に埃が舞っていたり、紫外線量が多くなりますので、おすすめしません。

★月光による浄化
どのような石にも使える浄化法です



月の光に石を当てて行う浄化法です。
月の出ない新月以外の月がきれいな夜に、窓際などに石を置き月光に当てて下さい。
満月の夜などにはさらに良いとされています。
月光浴は石が非常にリラックスしますので、長い時間置いてあげても大丈夫です。
 ※注意点
 月光浴をしたまま寝てしまうと、次の朝には日光浴になってしまいますので、日光に弱い石は必ず取り込んでからお休み下さい。

浄化アイテム

浄化アイテム

>浄化用品一覧

ミュージアム
希少価値の高いレアコレクション
誕生石
誕生石はこちら

色で選ぶ
色がもたらす効果

メンズアイテム
メンズコレクション

オリジナルアイテム
心旅オリジナルアクセサリー

浄化用品
浄化用品

ピックアップ
元気と勇気特集
「Trust」信頼

0円(税0円)







「Focus」集中

7,800円(税0円)


「Balance」バランス

9,800円(税0円)



イベント商品
シルバー特集